iPhone SEとiPhone 11 どっちにする?比較&スッキリ解決!悩むポイントはサイズとコスパ🎶

こんにちは〜第2世代のiPhone SEの世間の評判、なかなか良いみたいですね。現在注文から納品まで10日間くらいです。ちまたでは外見はiPhone8、中身はiPhone11と言われていますが第2世代iPhone SEとiPhone 11は実際に何が異なっているんでしょう?1つ1つ確認してみましょう!


iPhone SEとiPhone 11 どっちにする?比較&スッキリ解決!端末のお値段比較🎶

まずはiPhone SE(第2世代)とiPhone 11の一括価格の比較から。ドコモ、au、ソフトバンクのキャリア版とApple StoreのSIMフリー版をまとめて比べてみましょ♪

Apple StoreのSIMフリー版はどのメモリ容量でも差額はきっちり¥33,000(税込)に揃ってますね。そのほかのキャリア版はまちまちですかねぇ〜 これから言えるのは、iPhone SEはiPhone 11よりも¥33,000ほど『低価格』ということ。価格に大きく影響を与えているのは、ボディサイズに起因するディスプレイサイズとバッテリー容量、さらにカメラ機能にあるんじゃないかなぁ〜と思います。


iPhone SEとiPhone 11どっちにする?比較&スッキリ解決!ディスプレイサイズを比較🎶

多分この項目がいちばん悩みどころかもしれません。特に、iPhone 8 Plusなどの大きめのディスプレイサイズに慣れちゃった方々は。

iPhone SE(2nd generation)の4.7インチのディスプレイサイズをiphone 11(6.1インチ)とiPhone 8 Plus(5.5インチ)に重ねてありますが、かなり小さく感じちゃいますよね。

iPhone SEとiPhone 11の横幅はそれぞれ67.3mmと75.7mmで、その差8.4mm。当然SEの方がコンパクトです。

上の写真で良く分かるかと思いますが、iPhone 11の方がiPhone SEよりだいぶ縦長ですね。iPhone SEの画素数は1,334 x 750、一方のiPhone 11は1,792 x 828なので、画素数全体としてはiPhone SEは3割強少ない(=面積が少ない)計算になります。が、幅方向に限って見れば 750/828=91% なので、1割弱しか狭くならないので、画面表示上の大きさはそんなに気にならない違いかもしれません。(縦方向は当然iPhone 11の方が表示範囲が広いですけど、どうせスクロールしながら眺めるので大して気にならないんじゃないかと思ったりもします)

2つ並べて同時に使い比べちゃったら、そりゃiPhone SEは不利ですけどね。iPhone 11が¥33,000高くなっちゃう理由の一つですね。


iPhone SEとiPhone 11どっちにする?比較&スッキリ解決!バッテリー容量を比較🎶

毎度のことではありますが、Appleはバッテリー容量そのものを教えてくれてないので、持ち時間での比較になりますのでご了承くださいませ。ざっくりですが、画面サイズの大きなiPhone 11の方が消費電力も大きいはずなので、単純なバッテリー容量比較ができないんですけど、ざっくり3割ほどiPhone 11の方がバッテリー積んでいるんじゃなかろうか?これもだいぶ価格アップに効いてきますねぇ〜

iPhone SEとiPhone 11どっちにする?比較&スッキリ解決!カメラ機能を比較🎶

カメラ(メインカメラ・背面カメラっていうのかな?)の違いは、iPhone SEは12MPの広角シングルレンズのみ。かたやiPhone 11は12MP超広角と12MP広角のデュアルレンズを搭載しちょります。当然超広角レンズを搭載するiPhone 11の方が撮れる写真の幅は広がります。

広角と超広角のレンズの違いというポイントでは、例えば、同じ距離離れた場所からSEと11で撮影した場合、iPhone SEだと全体が画面に入りきらないようなシチュエーションでも、iPhone 11の超広角なら苦もなく撮れる。という場面がちょいちょいでてくるかとは思います。

シングルとデュアルの違いというポイントでは、ポートレートモードで撮影できる被写体の種類に違いが出てきますね。シングルレンズのiPhone SEだと、顔が判別できる人物の写真しか対応できませんが、デュアルレンズのiPhone 11だと、料理だろうが人物だろうが、ペットだろうが被写体を選びません。ポートレートモードでの撮影の際には、被写体と背景の区別をiPhoneが判断するんですけど、その判定方法がシングルとデュアルで異なることから来ているんですねぇ〜 これまたiPhone 11が¥33,000高くなっちゃう理由の一つですね。

もう一個、iPhone SEになくてiPhone 11にあるカメラ機能。これがナイトモード。気になる人には気になる違いかも。


iPhone SEとiPhone 11どっちにする?比較&スッキリ解決!フロントカメラ機能を比較🎶

iPhoneのロック解除の方法が違いますよね。iPhone SEはホームボタンを使った指紋認証によるTouch ID、iPhone 11はTrueDepthカメラを使った顔認証によるFace ID。最近時のマスク着用により、Face IDが面倒臭い!っていう話もあちこちから聞こえて来ます。

Face IDが使えるか否かで、フロントカメラの仕様に大きな違いが出てきます。iPhone 11では単純なフロントカメラではなくTrueDepthカメラと呼んでいますが、写真機能だけでなく、顔の構成を計測したりするセンサーがいろいろ搭載されていて、総合的に登録された顔かそうでないかを判定しているんです。これがFace ID。この機能を利用して、アニ文字やらミー文字やら楽しげなアイテムで遊べるようにもなっています。かたやiPhone SEのフロントカメラは、写真と動画を撮るだけの一般的な機能だけなので、アニ文字やミー文字には対応してないんです。これもまたiPhone 11が¥33,000高くなっちゃう理由の一つですね。

iPhone SEとiPhone 11どっちにする?比較&スッキリ解決!カラーバリエーション🎶

iPhone SEはブラック、ホワイト、レッドの3色展開。一方のiPhone 11はブラック、ホワイト、レッドにさらにグリーン、イエロー、パープルを加えた6色展開。iPhone SEはカラバリもグッと絞り込まれております。3色と6色、これもまたiPhone 11が¥33,000高くなっちゃう理由の一つです。

iPhone SEとiPhone 11どっちにする?比較&スッキリ解決!おさらい🎶

iPhone SEはiPhone 11と比較して¥33,000 低価格!

その大きな要因は次の4つ

  • ディスプレイサイズが小さい。けれども幅は1割未満の差しかないので気にならんかも〜
  • バッテリー搭載量が少ない。けれどもどっちにしろ予備バッテリー持ち歩きますよね?
  • メインカメラが広角シングルのみ。ポートレートモードが人物のみ&ナイトモード非搭載〜
  • フロントカメラが写真と動画の撮影機能のみ。アニ文字ミー文字には非対応〜

これらが気にならん人にはめちゃめちゃコスパ高い高機能高性能スマホだす。ワタクシは買います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする