コラージュアプリのおすすめ!Perfect Imageでコラする!

こんにちは〜
コラージュ作成アプリをご紹介するシリーズ!今回お届けするのは〜
「Perfect Image」でっす!Appストアでの評価は4.5の高い評価をゲットしている人気のアプリです!好評価を得ているおすすめポイントを探ってみましょう!

コラージュアプリのおすすめ!Perfect Imageはどんなことができる?

まずはAppストアで紹介されているこのアプリの特徴を見てみましょう。

落書きできるステッカー、最強の文字効果、選定エリアのフィルター効果、多様なるパズルゲーム……などを備えた機能がパワフルで、使いやすい写真編集ソフトであります。

とあります。そうです、コラージュはあくまでも総合的な画像加工機能の一部として提供されているんですねぇ〜 しかも、コラージュってどこにも書いてないし。もう少し細かく機能が紹介されています。

【選定エリアのフィルター】数十種類のフィルターが備わっており、局部に対する落書き・スケッチ・油絵・レトロ効果が可能、様々なモザイクをつけることも出来ます……。
【美しい文字】オート・フォーマッティング・グラデーション・カラー付け・3D効果・縁描き・シャドー効果・レース効果が出来ます。
【ステッカー】予め多量な可愛いステッカーが入れてあり、ダウンロードが要りません。
【指落書き】数多くの可愛い落書きブラシーを用意しており、思うままに楽しんでいただけます。
【ハイビジョンパズル】パズル比例の選択・方形パズル・ハイビジョン繋ぎ合わせが可能。
【アート・フォトフレーム】多様なアート・フォトフレームを予め入れてあります。
【リアルタイムの色合わせ】様々なカラー係数・明るさ・コントラスト・彩度・色温度・鮮鋭化・ダークコーナー・露出度・色合いなどをリアルタイムに調合・ミックスすることが出来るほか、マイフィルターの作成も可能。

ここにも、コラージュって言葉がでてきませんねぇ?

「ハイビジョンパズル」と「アート・フォトフレーム」あたりがコラージュ的なものを表現しているみたいですね。


コラージュアプリのおすすめ!Perfect Imageはどんな手順でコラージュするのか?

    • アプリを起動する!表示されるメニューの右端をタップ!
    • 写真を選ぶ!選べる枚数は1〜9枚まで!選び終わったら「スタート」ボタンをタップ!
    • コラージュ、マガジン、フリー、ステッチ はいずれも複数の写真をまとめてくれる機能です。
    • メニューからコラージュを選ぶと、選んだ写真枚数に応じてコラージュフレームの候補を表示してくれるので、収まりの良さそうなのをひとまず選んじゃいましょう。(フレーム候補の表示エリアの左端にある「上矢印っぽいボタン」をタップすると、選択枚数にかかわらず、すべてのコラージュフレームが選べるようになります。フレームを選びなおしたら右上の「完了」ボタンをタップしてね)
    • コラージュが表示されるので、左下のボタンをタップすると、フレームの編集ができるようになります。このアプリのフレーム編集機能は、枠線だけでなく、頂点も自由自在に移動できるので、独自のフレーム構成でコラージュ作成ができるんですよ〜
    • 個々の画像をタップすると、個別に画像調整をするためのメニューが表示されます。ここでフィルターかけたり写真を選びなおしたりできます。



  • メニューからコラージュを選んで編集を進めていても、いつでもマガジン、フリー、ステッチに変更することができます。マガジンは雑誌の1ページのような(どちらかというとポスターに近い感じかな?)仕上がりになります。ステッチは選んだ写真を縦1列に繋げてくれます。ステッチはフレーム調整が不要なので、SNSに複数画像をまとめて投稿するような時には手間かからないのでお手軽かも。
  • 満足いく仕上がりになったら右上のボタンをタップして画像を保存!上がコラージュ、下がステッチです。ご参考まで〜




コラージュアプリのおすすめ!Perfect Imageは本当におすすめのアプリだったかな?

結論!おすすめです!処理もサクサクいけるのでストレスありません!しかも全機能無料です!

このアプリ、コラージュの機能だけでなく、画像加工アプリとして必要な機能は全部用意されています。広告も少しでてきますが、だいぶ控えめなのでストレスありません!

コラージュフレームの枠線位置だけでなく、頂点も移動できて、自分独自のコラージュフレームにできちゃうアプリはこのPerfect Imageの他にはLINEカメラのコラージュ機能くらいです。(LINEカメラについても紹介していますので、詳しくは「画像加工アプリでおしゃれコラージュ!LINEカメラのコラは?」をどうぞ!)

自由自在にコラージュスタイルを作れる反面、サイズ調整や位置調整は他のアプリ同様枚数が増えるにしたがって難しくなってきます。慣れと妥協が必要ですね〜



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする