画像加工アプリで油絵アート!おすすめフリーアプリってどれだ?

ありふれたスナップ写真をサクッと変換するだけで油絵風アートに早変わり!SNSでシェア良し!プリント良し!のお手軽無料アプリをご紹介します!


画像加工アプリで油絵アート?無料アプリってどんなのがある?

今回ご紹介するのは〜

Artomaton(アートマトン)。App Storeで4.2の好評価を得ています!

アートマトンの大きな特徴を引用すると〜

  • AIが写真を解析してスケッチやペインティングを行います。
  • 絵の具や紙の質感も表現します。

とのこと。このアプリ、油絵だけでなく、App内課金含めて全部で14種類(内5種類が無料)のスタイルが選べます。有料スタイル(9種類ね)はそれぞれ¥120ですが、全部まとめると¥360なのでだいぶお得ですね。

さらにツルツル、ザラザラ、ボコボコといろんな紙質も選べますが、ここでは「油絵(Oil)+Canvas1」でお試ししてみました。

そしてもう一つ、

GoArtです!こちらも4.3の高い評価を得ています。

GoArtの特徴も引用してみましょう。

  • AI imaging processing tech that’s taking the whole world by storm
  • Numerous art effects

海外アプリのため英語での説明文になっていますが、

  • AIによる画像処理技術を使っている
  • 多くのアート効果を提供している(フィルターがたくさん用意されています)

といったところでしょうか。実際に、油絵のアート効果として「印象派」調、「ゴッホ」調、「ピカソ」調といった特徴的なフィルターを取り揃えています。

ここではiOSでのお試しをご紹介して行きますが、android版はどうか?というと、ArtomatonはiOSのみのようですが、GoArtはandroid版も利用できるようですよ。



画像加工アプリで油絵アート!おすすめポイントはズバリ何?

Artomatonは何と言っても仕上がりが「それっぽい」感じで作品ができあがること。さらに、操作が超カンタン!元の画像がどんなものであれ、どれも良い感じに仕上がりますね。

①H2も良い感じ。

②ブルーも良い感じ。

③風景画でやってみても良い雰囲気出てます。

それでは、もう一方のGoArtはどんな仕上がりになるでしょう?油絵として特徴的な ゴッホ、ピカソ、印象派のフィルターを使った作例をご覧ください!

左から ゴッホ調、ピカソ調、印象派調 となります。Artomatonと比べるとさらにそれぞれのタッチをふんだんに盛り込んだ絵柄になります。

画像加工アプリで油絵アート!どんな手順でつくるのかな?

まずはArtomaton。

基本的な手順としては保存済みの画像を選んで、スタイルと紙質を選ぶだけでOK。さらに追加で味付けしたい場合にも調整機能が揃っているのであなたの心の声に従って作品を作り込んでいくこともできるんです。一つだけ注意が必要なのが、アプリの中でトリミングはできないので事前にやっておく必要があるってことぐらいです。

紙質は下図の「カギ」がついていないものになります。カギひとつあたり¥120ですが、先ほど同様全部まとめると¥360です。

画質調整は下図のスライダーを動かして設定します。動かすとすぐに再描画されるので確認しながら決めていけます。

次にGoArtです。こちらも同様に保存済みの画像(またはカメラを起動して撮影)を選んでアートフィルターを選ぶだけ。何にもムズカシイことはありません。こちらのアプリではトリミングや画質調整はできませんが、フィルターのかかり具合を調整することができます。変換処理された画像上で左右に指をスライドさせてみてください。0から100まで数字が変化してフィルターのかかり具合が変化します。


画像加工アプリで油絵アート!こんな方にもおすすめ!

今回ご紹介したふたつのアプリのArtomatonでもGoArtでも油絵風の絵柄の場合、元の画像が少々ピンボケでもまったく問題ありません!構図やシャッターチャンスはバッチリだったんだけどピンボケで残念な結果になってしまった写真たちがどこかに眠ってないですか?そんな写真さんたちの復活のチャンスです!

また、先ほど紹介した作例の元画像はわざわざプリントするまでもないと思っていた写真ですが、油絵アートに作り変えてみたらプリントしてコルクボードにピンどめしといても良いかも〜 と気分も上がりました。ちょっぴり幸せな気分になれますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする